社長ブログ

断熱工事で冬もあたたかく

株式会社丸豊住宅 代表取締役 山本茂樹

国の補助金を活用して省エネ・断熱リフォーム工事をさせていただくようになってから13年ほどになります。これまで、多くのお客様から「断熱工事をしたら、寒さが和らいだ。」「エアコンが要らない日が多くなった。」という感想をいただいています。

断熱工事とは・・・
 床材の下、壁の中、天井裏にグラスウールやスタイロフォームなどを素材とした断熱材を取り付けます。特殊な金属膜が入った複層ガラスによって、冷気や熱気が家に入って来るのを防ぎ、冷暖房で得られた暖かさや涼しさを逃がさないようにします。


 断熱工事をして家全体を暖かくすることで、寒暖差による病気や事故を防ぐことができます。また、光熱費の節約はもちろん、断熱性能の向上を数値化して一定の基準をクリアすれば、「長期優良住宅化リフォーム補助金」などの対象になるので、工事費用面でも大変お得になります。

 

 

ただし、補助金制度には他の工事との組み合わせや現在の住まいの状況など、条件がありますので、ぜひ詳しい説明をさせてください。

家で過ごす時間が増えた今こそ いざという時の備えを! 

株式会社丸豊住宅 代表取締役 山本茂樹

9月は「防災月間」。毎年この「まどか」で耐震改修のお話をさせていただいています。

私は岡崎市の耐震診断員に登録しており、また市が開催する耐震相談会の相談員としても活動しています。また、弊社では平成16年度から本年度まで、市町村の補助金を活用した耐震改修を合計273軒のお住まいにて工事させていただきました。

 昨年からのコロナ禍により家で過ごす時間2021が増えたことで、住まいに求められる防災対策もさらに強く求められるようになっているようです。
 これからも、安心して暮らせる住まいづくりをお手伝いさせていただきます!

 また、家で過ごす時間と言えば、在宅ワーク関連のリフォームが補助金の対象になりました。条件等ありますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る